24時間ネット受付
うした耳鼻咽喉科クリニック

広島市 東区の耳鼻咽喉科 うした耳鼻咽喉科クリニック

〒 732-0066 広島県広島市東区牛田本町6-1-27
うしたみらいビル5階
TEL:082-502-8033
 
トップページ»  診療案内

診療案内

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時に舌を支える筋肉が緩み、重力により下あごが下がり、呼吸の通り道である気道が塞がれ無呼吸の状態となる病気です。
放っておくと強い眠気や倦怠感など日常生活に支障をきたしたり、心筋梗塞や動脈硬化など命に関わる病気も引き起こすこともあります。


検査機器【アプノモニター】

めまい症

めまいの原因は様々です。例えば原因の1つであるメニエール病は、内耳の障害によって起こる病気です。
内リンパ液が何らかの原因で増加し、内リンパ水腫が起こると、神経が刺激され、めまいや耳鳴りが起こります。前ぶれなく、ぐるぐると回る感じのめまいで始まります。発作を繰り返すうちに、めまいが治まっても耳鳴りと難聴が続くようになります。
他にも様々な原因があり、治療開始が遅れると治りにくくなることもありますので、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

中耳炎

中耳炎は、病原菌が中耳に入り込み、炎症を起こした状態です。
多くはカゼをひいたときの病原菌が耳管(耳と鼻の奥をつなぐ管)から入り込んで感染します。
炎症が起きると、粘膜が厚くなり膿が出ます。

花粉症

人体にとって異物である“花粉”が引き起こす鼻アレルギーを花粉症といい、現在では日本人の10人に1人が花粉症と推定されています。
アレルギー反応を起こす花粉はさまざまです。もっとも患者が多いのはスギ。
ほかに、ヒノキ、カモガヤ、スズメノテッポウ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどがあります。
発症年齢は20~30歳代が中心です。遺伝的にIgE(免疫グロブリンE)抗体というたんぱく質をつくりやすい人が花粉症になりやすいと考えられています。

急性咽頭炎

急性咽頭炎とは、俗にいう「のどかぜ」です。
咽頭全体が炎症を起こしている状態で、ほとんどの場合、かぜを引き起こすウイルスや細菌に感染したことが原因です。そのほか、有毒ガスや汚れた空気、薬剤を吸いこんだときなどにも起こります。

急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎は、鼻腔の周囲にある副鼻腔に急性の炎症が起こった状態です。
ほとんどの場合、かぜによる鼻腔粘膜の炎症が原因です。まれに虫歯や外傷からの細菌感染が原因となることもあります。
治療しないと慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に移行して、場合によっては手術の必要も出てきます。